記事一覧

H.モーザーの最新エンデバー・パーペチュアルカレンダーには、タンタルとフュメの美しさが共存する

これだけ素晴らしい文字盤なら、今が何月かわからなくても気にならない。

H.モーザーは、人々の注目を引くことを問題としたことは決してない(ときに度が過ぎることはある)。このブランドは過去に悪ふざけのきっかけを作ったことはあるが、優れたスーパーコピー 時計づくりのために、口先だけでなく行動を起こすことができる存在であることに疑う余地はない。その一例こそ、H.モーザーの最新作、エンデバー・パーペチュアルカレンダー タンタル ブルーエナメルだ。

H.モーザーコピー エンデバー・センターセコンド オートマティック コンセプト “ブルーホライズン” 1200-0204

シンプルさを極めた純粋な青で水平線の美を表現した、“ブルーホライズン(青い水平線)”と命名された新しいフュメ・ダイアル。
H.モーザーが自社開発・製造した自動巻きムーブメント「Cal.HMC200」には、系列会社のプレシジョン・エンジニアリングが製造を担当する「シュトラウマン・ダブルヘアスプリング・エスケープメント」を特別に搭載しています。 より高い精度と等時性を発揮するこの特別な仕様を際だたせるため、テンプのブリッジはブルーに染められています。

タンタルを使った時計が発売されるというのは、マニアのテンションをあげるのに十分だ。この素材はゴージャスでありながら極めて硬く、重く、濃く、さらに光沢を放ち、延性を持つ。私は市場で最も優れたホワイトメタル素材であるとも思っている。しかしその一方で、機械に負担をかけてケースメーカーの怒りを買うという、悪夢のような存在であることも多くの愛好家が知っていることだろう。タンタルの時計は、かつてのような大きな功績を残すことはないかもしれないが、“我々はこんなことができるのだということを見て欲しい”と、ブランドが胸を張っていえるようなモデルであることは確かだ。

フュメのグラン・フー エナメル文字盤も注目を集めるだろう。グラン・フー エナメルは、ガラスと金属を融合させたエナメル粉末を一層ずつふるい落とし、何度も焼成することで、まるで生きているかのような泡に似た質感を生み出す非常に繊細な技法のひとつで、一部のメーカー(anOrdainのような意外とリーズナブルなものも含めて)を除いてはほとんど見ることができない。

このふたつの要素を、H.モーザーの新作エンデバー(Ref.1800-2000)のような、美しくて極めてシンプルな42mmサイズの永久カレンダーに搭載すれば、それは大正解なのだ。

ベン・クライマーは2015年当時、A Week On The Wrist記事のなかで、モーザーのエンデバーは“私が考えるなかで最もエレガントな永久カレンダーだ”と言っている。あえていうならそれは今も変わらない。シンプルなデザインであるため、複雑な時計ではなく、普通の日付つき時計と見間違うほど。ときには“私は複雑だ!”と、声高に主張するカレンダーウォッチも欲しいのだが、それほど力説する必要のない時計は、なんだか贅沢な感じがしてくる。シンプルなディスプレイが、フュメのグラン・フー エナメル文字盤の“アビスブルー”のような素晴らしいデザインを表現するパレットとして機能するのであればなおさらだ。だが、この話はまた今度にしよう。
 
H.モーザー エンデバー・パーペチュアルカレンダー チュートリアルの写真に戻らなければならない。これは永久カレンダーを簡略化し、その簡略化された表示の読み方を文字盤上でおもしろおかしく教えてくれる時計である。メイラン夫妻のユーモアのセンスを知っている私は、この“チュートリアル”が発表された際、適度な皮肉を込めて鑑賞したが、手ほどきなしではデザインを理解できない人がいたら、どんなに侮辱されるだろうかと考えたものである。まあ、実は私も忘れていて助けを必要としたのだが…。1カ月はどこからがスタートなのか? 月表示の針は、文字盤の周りをジャンプしたり、少しずつ動いたりするのだろうか? 私は侮辱されたというより、恥ずかしい思いをした。

おさらいになるが考えすぎは禁物だ。日付は午前0時にジャンプし、必要に応じて月表示の針もジャンプする。つまり、小さな月表示のインジケーターは常に、1年から12年、または1月から12月までの月に関連付けられたダイヤルの時間を指していることになる。また文字盤に対して針がとても短いため、“今が1月か2月か”わからくなってしまうかもしれないが、いずれは慣れることだろう。


【関連記事】:rolex スーパーコピー

コメント一覧

エアジョーダン1レトロハイ URL 2023年03月20日(月)18時31分 編集・削除

スタイリッシュな見た目に惹かれる!

上に時計を素早く装着 URL 2023年07月27日(木)21時50分 編集・削除

新しい「クロノグラフ 1 2023 エディション」の開発プロセスの焦点は、計器としての機能とレーストラックでの機能を最適化することだった

ジャガー・ルクルトが 2023年11月30日(木)14時13分 編集・削除

ジャガー・ルクルトは、ブランドの歴史的モデルを入手したいコレクターや愛好家のための新しいプログラム「コレクタブルズ」を発表した。マニュファクチュール190

ムーンスウォッチ騒動 2023年12月12日(火)03時01分 編集・削除

過去数十年(とこれからの将来)で最大の腕時計のリリースを振り返る。

ロジェデュブイ コピ URL 2023年12月14日(木)17時44分 編集・削除

ロジェデュブイのコピーは、その独特なデザインと高級感で注目を浴びています

トレンドを先取りする URL 2024年01月23日(火)13時19分 編集・削除

2024年の最新トレンドを反映した時計の選び方を提案。スタイリッシュで実用的な時計を紹介。